最悪のビジネスモデルのひとつ

今日は休みです。
旧暦新年明けて二日目。この世の極楽とばかりに家でダラダラとネットをしているのが・・・・・・楽しい。ただ、やり過ぎると眼精疲労から風邪になってしまうのが年を取ってきた証拠ですね。

 

恵方巻を残飯の象徴にしてしまったセブン〇レブン。
恵方巻に限らず、コンビニにおける残飯・廃棄というのはとんでもない量ですが、売り上げのために食い物を粗末にするビジネスというのが大変罪深いと思います。

 

「飢饉(ききん)」  幸運にして現代の日本からは無くなった災害。
食べるものが、無い。とにかく無い。
それだけのことで、希望も明日も愛も情も生命もすべてが無くなってしまう。

「飢饉」の発生サイクルと悪循環。(借り物です)
天災と人災の合わせ技であり、一過性ではないところが恐ろしすぎる。

「天明の大飢饉」では30万人の死者が出ましたが、それに拍車をかけたのが「金に目のくらんだ商人」。 わずかに残っていた米を買い漁って高値で販売したため、人々は種もみを食し、不作のループがとまらない「負の連鎖」へ突入。まさに「この世の地獄」へと発展していった結果でもあります。

コンビニに目をつけられた分野・業界は乱発で沈んでいきます。後に残るのがコンビニクオリティの粗悪品だけ・・・。

恵方巻のことは昨年度も書きましたが、基本的には「船場の色町の旦那衆のお下品な遊興」説支持です。そもそも伝統偽装、大量の食糧を廃棄することが前提、加えて「買い支え」頼みの、まさにお金を吸い上げる売り逃げ商法で運がよくなるわけがない。

クリスマスもバレンタインデーも(いちおう)ハロウィンも、特に「縁起が良い」ことがベースではなくて、その雰囲気を楽しむことがコンセプトなわけで、そのあたりをはき違えた「恵方巻」はどうにも出所が妙だとは思います。仕入れが安い粗悪な韓国海苔を売りさばくのがきっかけじゃないでしょうか。

 

「吉方を向いて丸かぶりをして食べる」

なぜ、敢えて下品にする??

普通の家庭なら怒られそうな、あんな下品な食い方をして縁起が良いわけがないでしょ。食べ物に対する冒とくであると、私は思います。

 

 

2/3は節分祭に行ってまいりました。前厄・本厄・後厄の無事を報告する御礼参りでもあります。有名な大きな神社ではなく神職さんが1人しかいない氏神様なのでこじんまりとしています。だからこそ、じっくりと丁寧に御礼参りをしていただけたのだと思います。
奉納後、雑談をしていて、次に待っている人に気づかなかったのは不覚でしたが(苦笑)。

 

おもえば、スタジオのオーナーである片山さんに「おついたち参りというのがあるんやで~」と教えてもらって以来ですね。人生儀礼として、とても有難く思っています。

A「有名神社仏閣から氏神さん拠点に切り替える」
やはり身近なことが大事なようで。ただし、何も願いません。

B「毎月1日、無理なら月初の参拝をする」
月1回行ける時→月初め→できれば1日、という感じで推移。

C「お酒を奉納し始める」
内心ご利益狙いがあった・・・ことは否定しませんが、同時に日本酒の追求が始まります。アル添(アルコール添加)当然の大手酒造は一切買いません。

『 不味い酒は神さまに失礼ですから 』 キッパリ

D「とうとう昇殿参拝(神恩祈祷)を始める(隔月)」
思い切って依頼してみましたが、神職さんは「神恩感謝・・・ですか」みたいな反応。要するに、あまり誰もやらないから。同時に神棚の設置。

E「神恩のみでなく、時節に応じて”夏越の大祓”や”厄払い”の祈祷をお願いしてみる」
ご利益の追求というよりは、好奇心。基本は神恩が根底にあります。

F「伊勢神宮で御垣内参拝をする」
これを経験させてもらってからは神社仏閣における気構えが違ってくるようになりました。やはり境内においては相応の態度と心でなければなりません。

G「神職さんが作法をレクチャーしてくれるようになる」
ある程度は動画で拝殿内の作法を勉強して行ったのですが、やはり耳学問では実践はならず。ただ、私が作法の大まかな流れを知っていることには感心していただいたようで、それから簡単ながらもご教授してくれるようになりました。

H「ビジネススーツからダークスーツになる」
ビジネススーツは平服よりマシ程度なので、一段階上げてみました。

I「厄が明けて、御礼参り」
節分はひとつの区切りです。同時に、来るべき新たな時代の始まりでもあるこの節目に立ち会わせていただいたことは幸運です。

「当たり前は当たり前ではない」ことを胸に・・・。
本当に、ダンススタジオに通っているだけでも「趣味」を堪能できているのですから、ありがたいことです。

 

自分で「疫病の神」と宣言するスタイル

こういう発言でどうなるのか想像できない人間が取締役か~。
文字通り、「疫病の神」様だなぁ。

 

 

これってビジネスパートナーとしても縁切りでしょ・・・。

インフルエンザはただの「高熱の風邪」ではなくて、人が死ぬ可能性のある、それこそ「バイオハザード」です。老人・子供・妊婦・受験生などに感染させてしまうと取り返しのつかないことになってしまいます。

外傷と風邪くらいしかないであろう、「気合で何でも治すノリ」の土木・建築業界だと「病気が広がる恐怖」というのは縁遠いかもしれません。

私は医者ではありませんが、「病気が広がる恐怖」というのは、意外にペット・植物業界だと身近なので「寄生虫が~、真菌が~、細菌が~・・・」みたいな感じで、さらに広がった時の対処がバカほど「コストと手間」がかかるのです。

 

さて、お話は変わりますが先日は遅まきながらの上賀茂神社と境外摂社・大田神社&下鴨神社への初詣。芸能、舞踊の神様ということでダンスに携わるお人ならば大田神社は外すことができませぬぞ(笑)。ダンス関係は同じ京都の車折神社よりもこちらの大田神社推しです。

上賀茂神社では神恩感謝の御祈祷をお願いし、その後の特別参拝申し込みで本殿前においてもご挨拶をすることができました。本殿前は清浄であり、伊勢神宮の御垣内参拝にも匹敵すると思います。

そっちの方はつつがなく終わったのですが。

なんか、お尻の穴が痛い。
この日、電車に乗る前からなんかヤバい感じだ・・・と思っていたのですが、ジワジワジワジワと痛い。祈祷も参拝巡りも普通に済ませたので我慢できないほどではないが看過するのはちょっと難しい。虫歯よりマシだけど、どんどん体力と気力を削られていく。なんでまた参拝の日に?

原因が思い当たらず、なんでいきなり?急に??という思いで一杯で、帰ってきてからあれこれ検索してみても不安になる要素しか見当たらない(汗)。「恥ずかしい」とかそんなどころでなくなってきて、病院を検索・調査して絞りこみ、翌々日になりましたが来院の予約をしました。来週なんですけどね。

今になってかなりマシになってきているんですが、場所が場所だけに素人判断は危険なのできっちり病院で診てもらうつもりです。「治ってきたかも~」なんて「油断大敵」をしてはいけないということでダンスの方もお休みさせてもらいました。もちろん飲酒も夜更かしもしておりません。

病気とともに歩んでいかねばならない年になってきたってところですかねぇ(苦笑)。

 

15日まではギリ正月(笑)

気が付けば「十日戎」も終わり、「成人の日」と「とんど焼き(左義長)」です。

 

だいたい正月は仕事ですが、今年は1日から7日までが妙に長く感じ、少々気分的にしんどかった正月期間ではありました。4日は休みをもらい、氏神さまへ初詣に行きました。正月期間なので普段には無い「お神酒」がありまして、新春祈祷が終わったら直会(なおらい)としてこれを頂きます。頂く時に「礼手」という作法があり、受ける前にポンと手を一拍するのです。覚えたての知識(笑)を早速の披露といきたかったのですが、カワラケ(土器の盃)をホイッと渡されて、注がれて、ハイ飲んで・・・みたいな感じだったでタイミングを逃してしまいました。

8日は”初踊り”ということで「Basic-Jazz」に参加。年末年始で固くなってしまった身体が悲鳴を上げていました。さすがにめきめきと上達などは望むべくもありませんが、何はともあれ、こうして通えて、何とか踊れる健康と状況に感謝するほかはありません。

 

2019年も国内外ともに、大変な年になりそうです。
個人的には安倍首相の稀有な安定性と外交力は有り難いものですが、問題はその次の首相ですね。下手したらそれで日本の将来が決まりかねないほどのものです。

「内憂外患」はまだまだ続きそうです。日本人の「平和ボケ」や「自分だけは大丈夫病」も、そろそろ何とかしないといけません。ただ、残念ながら何か「事」が起きないと自覚できないのが今の日本人なので、「お花畑」が吹き飛ぶような出来事が起きないとも限りません。

 

基本的に国際交流とか異文化とか、大して興味が無いのですが、「情報収集」という点においては「英語」は必須ですね。今更ですが、日本のマスコミがダメすぎるから。偏向報道、報道しない自由の発動、拉麺国や冷麺国に忖度し過ぎる内容etc・・・。海外の視点が必要です。

 

「人間」を途中下車したヒトたち

『小人閑居して不善を成す。至らざる所なし。』

「小人」とは仁徳や教養、勇気、節制を持っていない人間であり、そのために、仕事をせずに暇を持て余しているとどうしても悪事を犯しやすくなってしまうという、戒めの言葉である。

 

それらが「群れる」とどうなるか。

 

「渋谷ハロウィン」の意馬心猿を思い起こさせる一連の騒動。

TBS系「水曜日のダウンタウンSP」の一般公開企画が多数の来場者が集まったことで中止になった騒動です。

12月26日放送の「水曜日のダウンタウンSP」では、クロちゃんが出演する恋愛リアリティー企画「モンスターハウス」の罰ゲーム的企画で、クロちゃんを「としまえん」内に設置した檻に入れて一般公開することになったが、来場者が殺到したことで危険と判断し、急遽中止となりました。

 

ナイツ土屋、クロちゃんより来場者が「モンスター」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00430178-nksports-ent

 

これ以上ない表現ですね。
文字通り、人間を辞めた人たちばかり。

物見高くて、「タダ」に集まって来る人間には、ロクなのがいてないです。
モラルも低いが知能も低い。

だがしかし、狡猾さは高い。「集団心理」の肝心なところは責任を逃れられると錯覚するところといえる。草食動物が1匹だけしかいない場合、捕食者に見つかれば相当危うい。しかし、10頭で居れば助かる可能性がかなり増すだろう。

それと同様に、100人の集団で犯罪を犯しても、捕まるのは1人か2人だと楽観視している可能性は高い。実際に渋谷ハロウィンで逮捕された者たちはそのようなことを口走っていた。

「肉の味」を覚えて調子に乗っている草食動物の狡猾さは手が付けられない。

人間ドックに行ってきました

12月も半ばを過ぎてまいりました。
昼が最も短い22日の「冬至」で陰が極まり、23日からまただんだんと日が長くなっていくのです。そういう意味では冬至が「大晦日」であり、翌日の23日が「元旦」と言えるでしょう。

 

 

年末年始ということで、より一層気を引き締めていきましょう。こういう年の瀬はどうも人心が乱れるようで、よからぬ考えの者も増えてきます。

「私は大丈夫だから」という根拠のない自信は捨てて、注意深く行動しましょう。「相手が避けてくれるだろう」なんて性根は、実はけっこう運気が下がります。下がるというか、消費してるんですね。

御先祖様たちが必死であなたの安全をフォローしている様を想像してみるとちょっと面白いかもしれませんけど、御先祖さまたちが必死になればなるほど、運を消費していくのです・・・。

 

さて、年に一度の「人間ドック」に行ってまいりました。今までの生活環境の是非が反映する節目の年齢でもありますので、つまりは最適な年齢ということで昨年から行くようにしております。

医者による「客観的な視点」とともに、「謙虚さ」を再確認する意味合いもあります。

半ば機械的ではありますが手際よくテキパキと進行していくのはリズミカルでもあり意外と心地良いくらいです。こちらも身を任せてされるがままです。半日くらいで終わるコースなので、そこまでハードな検査がありません。それにしても血液検査で多くのことが分かるのには感心します。

やっぱりバリウムは苦手ですねぇ。
げっぷを出さないように、台の上で指示に従って右を向いたりうつぶせになったり妙なアクロバットをするのが一苦労です。あれだけはかなわんのですね。

バリウムの面倒くささがよくわかるマンガ。
http://mamekichimameko.blog.jp/archives/75452064.html

 

 

神社仏閣と同じで、人間ドックも「行く気も興味もまったくない」時代がありました(笑)。

今では神社・お寺で欠かさず「おついたち」参りして、昇殿参拝作法までかじりだす始末。そして「人間ドック」だけじゃ飽き足らず「脳ドック」を受けてみたいとまで言い出す始末。

 

新しい年への第一歩

本日は連勤が終わってのようやくのお休み。

偶数月であるので「おついたち」の昇殿参拝はしないし、もともと休む予定もなかったので、家でゆっくり寝てました。「おついたち」のお参りは次の休みに行くつもりです。年末の御挨拶の参拝があるので、予約を入れてこねばなりません。

年末の感謝の参拝は、ある意味、初詣よりも重要かもしれません。だいたい「冬至」を希望することが多いですが、今年は平成最後の「天皇誕生日」もありますので、ちょっと迷いどころですね。一年でもっとも昼が短い、すなわちゼロ・始まりである「冬至」は太陽の誕生日です。一方で、平成の世を見守ってこられた第125代今上天皇陛下の御生誕の日に感謝を込めての参拝。どちらも捨てがたいですね。

 

ここのところ、急に秋篠宮殿下の発言が取り挙げられています。
そもそも「大嘗祭」というのは、天皇が即位の礼の後に初めて行う新嘗祭。その新嘗祭とは「生きるための糧に感謝する」収穫祭のようなものです。こう書くとあっさりとした感じですが、新しい天皇陛下が「天皇」として即位した後に行うことに意味があります。天皇陛下の、ひいては日本人の祖であり天孫であるニニギノミコトが天照大御神より三種の神器とともに稲穂を預かったことを「この世」で再現する神事である、と言われています。

 

天照大御神の後継者、そのただ一人にのみ許される儀式であり、まさに「天皇霊」という国家の御霊を親から子へ継承する神事・・・と書けばその重みが日本人には分かるかと思いますが。

それはともかくとして、報道では「大嘗祭」はどういった祭事であるかすらロクな記述はありません。秋篠宮殿下の意図されていることがどこまで反映されているのか。

もし発言を切り取ったような報道がされているのであればそれは大変に礼を欠いていると思います。お金の出所はどこだ、何の税金だ、などと騒がれているの見て、またぞろどこかの団体や某国の手先が喚いているのかな?と勘ぐってしまいます。

 

新嘗祭の一例  (画像は借り物です)

 

秋篠宮殿下の御発言の全文です。

http://www.kunaicho.go.jp/page/kaiken/show/23

『大嘗祭自体は私は絶対にすべきものだと思います。ただ、そのできる範囲で、言ってみれば身の丈にあった儀式にすれば。少なくとも皇室の行事と言っていますし。そういう形で行うのが本来の姿ではないかなと思いますし、そのことは宮内庁長官などにはかなり私も言っているんですね。』

海外の要人や世間一般に向けて殊更にひけらかすような開けっぴろげの儀礼ではなく、あくまでも儀式は儀式として、厳粛に静寂に清らかに伝統を大切に継続されていくことの方が大事である、という意図なのではないかと私は思いました。

 

 

文字通りの「乱痴気騒ぎ」

ハロウィン・・・。

古代ケルト人、ドルイド信仰の祭祀に由来を持つ「ハロウィン」。宗教的な祝祭と儀式。キリスト教とはいっさい無関係なものをカトリックがその異教徒を改宗させる目的で祝祭としてしまった。

今では経済主義とマスコミが「イベント」と化し、行き着く果ては「人心の荒野」でしかないことを示してしまっている。

いや、ある意味において原点回帰かもしれない。本来的にこの祝祭と儀式は「魔」の領域であり、残酷なモノである。仮装は儀式に伴って現れる悪霊や魔物から身を守るため、つまり同化して見過ごしてもらうためのものであるから。

仮装をする人は、本来自分が持っている自己認識を薄めるか、あるいは喪失することになる。確かに、ハロウイーンで悪魔やゾンビなどの仮装をして歩く人たちを見ていると、その指摘がそう間違いではないと思わされる。

・・・が、その実、もっとも悪辣な人外と化すのは何の仮装もしていない「一般人」である。

仮装をする以上は「参加」している意識がある。自分の意志で。

仮装もしていない、あるいはお茶を濁す程度である者はその参加の意識は薄く、主体性の無さから場の雰囲気によって流されやすい。雰囲気次第によっては即座に暴徒と化す。

アングラ系のクラブイベントでも時代を経てドレスコードが緩くなり、「一般人」が入るにつれて面白みが無くなっていった。彼らはどこかで「傍観者」であろうとし、関係のない別世界の人間を気取ろうとする。(クラブイベントの趣旨に沿って参加している)我らに対するリスペクトなどない。

意馬心猿。

仏語。馬が奔走し猿が騒ぎたてるのを止めがたいように、煩悩・妄念などが起こって心が乱れ、抑えがたいこと。

 

渋谷をはじめとした各地の繁華街は「百鬼夜行」のごとく、人の形をした「物の怪」どもが溢れており、ここまで白日の下に晒されることはいっそ心地よい。でも、ハロウィンイベントはもうたくさんだ。

 

あるいは、1人では何もできない田舎者たちの寄り集まった結果ともいえる。「仮装」することもできないのだからな。

 

**********************

低級な頭脳の人間は、手当たり次第に何でもかんでも取り上げて、乱痴気騒をしては、その場を凌ごうとする。

 

愚鈍な人間は、ひとりになると社交よ、芝居よ、遠足よ、娯楽よと、ひっきりなしに目先が変わっても、死ぬほど辛い退屈は、凌ぎがつかない。

 

ショーペンハウアー(1788~1860 ドイツの哲学者)

************************

 

 

さて、今日は「おついたち」でしたが、ひさびさに「月次祭」にも参列しました。晴れやかな天気の中での昇殿参拝(神恩祈祷)でした。神職さんとベラベラ長話をして次の予約の人を待たせてしまったのは実に申し訳なかったです。

氏神様を後にして、お寺に月初めの参拝。帰宅してからは軽く部屋の片づけをして、「お昼寝タイム」。何も考えずに寝る、ただそれだけが至福(笑)。

 

〇今月の奉納酒。
「わかむすめ 月草」 新谷酒造@山口

今回は自宅神棚用にも同じもの(700ml)を買いました。まだ飲んでませんけど。

 

日本酒こそ米と水の精髄。神気も宿ると言うものです。
ただ、最近のストロング系の流れに乗って、ストロング系の日本酒も発売されるようです。

実にバカバカしぃ・・・・。

経済中心主義は、ここまで知能というか文化レベルを劣化させるのですね。

 

メールを使ったことがニュースになる、ということ

 

経団連会館の23階にある会長執務室。中西が部屋の主になった5月、卓上に初めて
パソコンが備えられた。中西は事務局の役員やその部下らに、メールで施策の進展状況などを問う。

部屋でパソコンを操る財界総理はいなかった。メールを受け取った職員の一人は言う。「最初は本当に驚いた。これが中西さん流だ。主に紙でやり取りしてきた職員の働き方も変えようとしている」

 

ツイッターより引用させてもらいました。

 

単に部屋にパソコンがなかっただけ、という説もありますが、この話が「セキュリティの観点」で賞賛されるんじゃなく、「これだから経団連は・・・・」と嘆かれるあたり、普段の行いって大事だということですね。

あるいは(経団連には)異常なレベルでの「太鼓持ち」しかいないのではないか・・・と。オソロシイほどの同質集団ですな。

 

多様性は便利な言葉

10/20は秋の土用入り。土用は季節と季節の間(はざま)の過渡期の事。もうしばらくすると秋が終わって冬になります。

 

ここ数年で「多様性」という大変便利な言葉が表立って使われてきております。もっとも、私なんぞは「多様性」とやらの恩恵にあずかったことなど一回もございません。
人がやらない趣味、集めないモノ、他人より斜め上の思考、いつでも少数派・・・・を自ら選択してきたから後悔は1ミリもないんですけどねッ。

 

トランプ氏、トランスジェンダー排除へ

米でトランスジェンダーを排除へ

 【ワシントン共同】米トランプ政権が性の定義を生まれつきの性別に限定することを検討中だと米紙が21日、報じた。心と体の性が異なるトランスジェンダーの存在を行政上認めなくする措置で、性的少数者(LGBT)の権利を保護する世界の潮流に逆行する。

http://news.livedoor.com/article/detail/15479143/

 

「世界の潮流に逆行する」なんて決めつけていますが?
皆、表立っては言わないけど腹の中では思っていたことだと思いますよ。

トランプ大統領の支持層はキリスト教カトリック福音派だそうで、とても厳格で知られているようです。

それはともかくとして、世間の声のデカい「少数派」を認めて、その主義主張を鵜呑みにして反論を許さない!と言う「弾圧」を終わらせるための布石ではないかと思います。アメリカの弱者ビジネスは日本のそれよりも深刻だそうで、そういう点では受け入れられるのではないかと。

「権利を!権利を!」で国は大変疲弊します。もちろん一般の国民だってそう。ヨーロッパなんてそれで崩壊寸前です。

 

トランプ大統領の判断は普通の国民を大事にしていると思います。ただその方針を今の狂った「社会」が許さない上に人権利権商売の力がむちゃくちゃ強い。
人権団体は寛容さに見せかけた超「利益集団」です。マイノリティーだからって一般人を上回る権力を手に入れてしまって良いわけじゃないのです。

日本も他人事ではなくて、「被害者」「少数派」「可哀想な人たち」なおかげで疲弊感が溜まってきていると思います。

 

低気圧 「われわれは空気の底にいる」

先月末と今月末で二度の台風に見舞われました。

「備えあれば憂いなし」ということもありますし、やはり何かしらの「想定」をして心掛けることは大事ですね。備えがあればあるほど、何も起きにくい感じもあります。

意識していない時、事柄、それが一番怖いですね。

さて、台風と云えば「低気圧」ですが、低気圧というのは何かご存知でしょうか。

普段の生活には関係がない、ということで気にしない人が大半でしょう。低気圧が来ると天気が悪くなるという人生経験くらいのものだと思います。

 

低気圧とは?

 

「気圧」とは空気の重さのことです。意識することはあまりありませんが,私たちがいる地表には空気が乗っていて,その重さは1cm2当たり1kgにもなっています。

ストローでジュースを飲むことができるのは,気圧のおかげです。
コップのジュースの表面に空気が乗っている状態でストローの中の空気だけを吸って減らすので,ジュースがストローの中に上がってくるわけです。

台風や強い低気圧の場合も,ストローの場合と同じで,中心付近は周囲より気圧が低い(=空気が少ない)ため,海水が盛り上がるわけです。
ストローと比較するほどではないだろうと思うかもしれませんが,気圧低下による海面上昇は,1hPaの気圧低下で1cmといわれています。
平均的な気圧は1013hPaですから,例えば950hPaの台風の場合は海面が63cm上昇することになります。

このような効果を「吸い上げ」といいます。

進研ゼミ高校講座より抜粋

https://kou.benesse.co.jp/nigate/science/a13g08bb01.html

 

そこまで難しい話ではなく、「高校レベル」なんですね。

ただ、知ったところでどうすることもできないのですが・・・・・・。相手は「空気」であり、地球を取り巻く大気でもあり、生命活動に必須であり、もっとも身近にありながらそれゆえに逃げも隠れも出来ない、そういうものなのです。

海面が上昇するくらいの影響力であれば当然、人体にも影響を及ぼします。内耳の前庭(三半規管の根元)に”気圧センサー”があり、気圧が低くなると自律神経にストレス反応が起きて交感神経が優位になる、そうです。

交感神経が優位になると緊張状態になりますが、それは低気圧=悪天候、環境の変化に対する人体の反応なので、無理からぬこと。低気圧の状態だと程度の差こそあれ「体調不良」になってしまうのは、生物としての正しい反応かもしれませんね。

じっとして様子を伺いつつ、何かあったらサッと逃げる。

そんな感じですかね(笑)。

 

自然災害時の危機管理として基本であるのが「不要不急の外出は控える事」につきます。