春とは名ばかりの・・・

春というのは毎年のことですが、しんどいのです。
寒さで安定していた冬から、変化に富む春への移り変わりというダイナミクスに心身がついていかない(苦笑)。生き物を飼っている人ならわかるとは思いますが、春先と秋口はよく不調になったり死んだりします。

春における室内と室外、昼と晩の体感を含めた気温差。日照時間の変化・・・etc。

毎年のことですがこの時期は変な人も増えます。「木の芽人」といいます(笑)。心のレールがいささか脱線気味・・・。

さて、今年は「春の彼岸入り」(18日)とほぼ同時に風邪、しかも久々に熱の出る風邪。一瞬、インフルエンザを疑いましたが問題ありませんでした。この週はたまたま休みが多かったので助かりました。熱が出るタイプは「悪夢」を見てしまうので眠りが浅く、辛いものがあります。彼岸と言えば先祖の墓参りですが、さすがにこの有様では無理でしたね。

 

新元号発表まであと少しです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です