15日まではギリ正月(笑)

気が付けば「十日戎」も終わり、「成人の日」と「とんど焼き(左義長)」です。

 

だいたい正月は仕事ですが、今年は1日から7日までが妙に長く感じ、少々気分的にしんどかった正月期間ではありました。4日は休みをもらい、氏神さまへ初詣に行きました。正月期間なので普段には無い「お神酒」がありまして、新春祈祷が終わったら直会(なおらい)としてこれを頂きます。頂く時に「礼手」という作法があり、受ける前にポンと手を一拍するのです。覚えたての知識(笑)を早速の披露といきたかったのですが、カワラケ(土器の盃)をホイッと渡されて、注がれて、ハイ飲んで・・・みたいな感じだったでタイミングを逃してしまいました。

8日は”初踊り”ということで「Basic-Jazz」に参加。年末年始で固くなってしまった身体が悲鳴を上げていました。さすがにめきめきと上達などは望むべくもありませんが、何はともあれ、こうして通えて、何とか踊れる健康と状況に感謝するほかはありません。

 

2019年も国内外ともに、大変な年になりそうです。
個人的には安倍首相の稀有な安定性と外交力は有り難いものですが、問題はその次の首相ですね。下手したらそれで日本の将来が決まりかねないほどのものです。

「内憂外患」はまだまだ続きそうです。日本人の「平和ボケ」や「自分だけは大丈夫病」も、そろそろ何とかしないといけません。ただ、残念ながら何か「事」が起きないと自覚できないのが今の日本人なので、「お花畑」が吹き飛ぶような出来事が起きないとも限りません。

 

基本的に国際交流とか異文化とか、大して興味が無いのですが、「情報収集」という点においては「英語」は必須ですね。今更ですが、日本のマスコミがダメすぎるから。偏向報道、報道しない自由の発動、拉麺国や冷麺国に忖度し過ぎる内容etc・・・。海外の視点が必要です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です