メールを使ったことがニュースになる、ということ

 

経団連会館の23階にある会長執務室。中西が部屋の主になった5月、卓上に初めて
パソコンが備えられた。中西は事務局の役員やその部下らに、メールで施策の進展状況などを問う。

部屋でパソコンを操る財界総理はいなかった。メールを受け取った職員の一人は言う。「最初は本当に驚いた。これが中西さん流だ。主に紙でやり取りしてきた職員の働き方も変えようとしている」

 

ツイッターより引用させてもらいました。

 

単に部屋にパソコンがなかっただけ、という説もありますが、この話が「セキュリティの観点」で賞賛されるんじゃなく、「これだから経団連は・・・・」と嘆かれるあたり、普段の行いって大事だということですね。

あるいは(経団連には)異常なレベルでの「太鼓持ち」しかいないのではないか・・・と。オソロシイほどの同質集団ですな。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です