護衛艦「かが」、見学してきました!

『護衛艦 かが』見て参りました。
昨年は「護衛艦しまかぜ」をうっかり見逃してしまい、悶絶した経験があります。しっかりと情報をチェックして休暇を取り、滞りなく見学してきました。

船尾でへんぽんと翻る日章旗を見て「日本の宝」だと思いましたね。

自衛隊員の方たち任務や日々の訓練が多忙な中、見物客の面倒を見てもらってありがとうございました。めったに目にする機会がない中、リアルに実感出来て素晴らしい経験になりました。ただ、将来的に起こりうる天災や万が一の国防での運用を考えると、日本の国力からしてもっとこのクラスの船が必要だと思いましたね。

当日、ちょっと遅めの9時半過ぎに「大阪港駅」に到着。駅を出てすぐに乗船の為の行列が待ってました。いや、今日この日のために1,2時間くらい待つ覚悟はあります。

天保山の観覧車が見えるまで進むと・・やけに高い位置に豆粒みたいな人がちょこまかと動いているのが見えました。「かが」の甲板上にいる人です。これは予想をはるかに超える大きさです。岸壁まで来ると「かが」を間近に見ることができますが・・・・あまりに巨大すぎます。日常でここまでの巨大な建造物を見ることがありませんのでどう受け止めて良いかわからないほど。

老若男女問わず、大勢、来ていました。これだけ多くの人が集まったわけですが、それも民間の船ではなくて、護衛艦という、非日常で特殊な艦艇と思うと、日本国民の中にはやはり自衛隊に興味関心のある人は意外に多いという印象です。
皆さん、実際に見て、その「必要性」を実感したのではないでしょうか?

さて、岸壁についてからも何度か列を折り返しました。「かが」を眺めているだけでも飽きないのでそこまで苦にはならなかったのですが、そこからさらに待って待って・・・入ることが出来たのは11時半くらいです。後述しますが、やはり手荷物検査に不慣れな人が多かったことも原因でしょうね。
(知らないから仕方ないとはいえ)
船体の横から入る形になるのですが、入ってすぐに格納庫(ハンガー)です。船の中とは思えないくらいの広さです。

そこから(格納庫からヘリなどを甲板に上げるための)巨大エレベーターで甲板に上がりましたが、その静かさにびっくりです。衝撃がほとんどありません。
上がったら、甲板の広さにさらに驚き。おもわず走り出したくなるくらいの広さです(笑)。地上と変わらないというと身も蓋も無いですが、水の上にそういう場所を作れてしまう技術力に感心するばかりです。

 

甲板上にはヘリや特殊作業車、体験コーナーなどがあり、どれもけっこうな行列が出来ています。トイレも相当行列してましたが、こちらは体験半分でしょうね(苦笑)。

 

 

今度は別の巨大エレベータ―で格納庫に降ります。先ほどのは海側に面していたサイドのものでしたが、これは甲板がいきなり下降します。SF映画のワンシーンみたいですねぇ。

艦内の物販(帽子やTシャツ)は約1時間待ちだったので諦めて、あちこちの細部を見学&撮影。ひそかに期待していた「艦内神社への参拝」についてちょっと自衛官の人に聞いてみたのですが、さらに船内になるので今回は残念ですが・・・でした。
※「かが神社」・・・石川県 白山ヒメ神社からの分霊。

爽やかな自衛隊員の皆さんにお礼を言いながら降船した後は、岸壁沿いに船首の方を見に行ったり、海遊館のマーケットプレイス側から見たり、陸自の機動装甲車などを見学したり、です。

 

金沢での一般公開時は1万人でした。この大阪ではおよそ2万人が来たそうです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180520-00022668-mbsnewsv-l27

 

21日の8時30分には大阪港を出て、次の寄港地は広島・呉の予定です。
自衛隊員の皆さん、益々のご活動を微力ながら応援します。

 

余談ですが、見学に当たり諸注意事項がありました。

*****************

  • 1.事前のお申し込みはありません。当日岸壁までご来場ください。
  • 2.荒天、災害等が発生した場合はイベントを中止する場合があります。
  • 3.見学前に手荷物検査を行います。ご協力をお願いします。
  • 4.会場内は案内係及び警備員の指示に従ってください。
  • 5.艦上での見学の際は、突起物や足元・頭上等にお気をつけください。
  • 6.サンダルやハイヒールでの見学は危険ですのでご遠慮ください。
  • 7.酒類及びペット等のお持ち込みは固くお断りしております。
  • 8.岸壁内での盗難等の責任は負いかねますのでご了承ください。
  • 9.混雑が予想されます。お車でのご来場はご遠慮ください。
  •   周辺施設への無断駐車、また交通の妨げになる迷惑駐車は禁止です。
    *****************

この中で

「3、手荷物検査」を軽く見ている人が多かったです。どっさりの荷物で来ていたり、ペットボトルのチェック(安全性の証明のため係員の前で一口飲む)を知らなかった人でかなり手間取ってましたね。

検査に怪訝そうな人もいましたが、これは至極当たり前のことです。

「6.サンダルやハイヒールでの見学は危険ですのでご遠慮ください」
一般的に考えてダメなのは当然ですが、これは予想以上に「危険」だと思いました。まず入り口のタラップ?の滑り止めがかなりゴツいことと、甲板上が相当ザラザラしているのです(かなり独特のザラザラ感でアスファルトとも違う)。

物販の「海軍カレー」は諦めました。だって、無茶苦茶混雑してましたから・・・。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です