2015年のことですが、ローマ教皇が、

「現在の人類は、もはや末期的状況にあり、このままでは来年は見るも無残な有様となるでしょう」
「各地で戦争が続いています。世界は飢え、焼け焦げ、混沌へと向かっているのです。もはやクリスマスのお祝いなど、今年で最後になりそうです」
「平和への道が拓けない限り、日々増え続ける罪のない犠牲者たちのために涙を流さなければなりません。そして許しを請うのです。神やイエス様とともに涙を流すのです」

・・・という趣旨の発言があったというニュースがありました。

 

今年のクリスマスは・・・・日本でも大きな事故がありました。

英国がEUを抜け、米国では大統領が変わり、タイではカリスマ的国王が亡くなられ、キューバではカストロが逝きました。

来年にかけて、日本だけでなく世界で「ひとつの節目」を迎えている気もします。

 

何と言いますか、ローマ法王庁というのは今も昔もスゴイのです。

「信仰」の名のもとに一般庶民の問題や悩みから、貴族社会・大統領とも通じています。これらから入る情報量と正確性は、各国の諜報機関の米国のCIA、大英帝国のMI6、イスラエルのモサド等の機関に勝るとも劣らないと言われています。

さて、話は変わりますが、日本では、西洋の祭祀は「飯のタネ」として商業利用されているのは当たり前で、一般庶民も随分と踊らされています。日本には八百万の神様がいるから・・・一神教じゃないから・・・という理由もあるかとは思いますが、今の経済界の人間が欲深いだけじゃないかと。多くのブラック企業が裏ではびこるクリスマス・・・。

 

バレンタインはいうにおよばず、ここ最近でようやく根付いたハロウィン。そして最近ではイースター。今も昔もクリスマスは最大イベントです。

 

 

「ハロウィン」の起源にドルイドが絡んでいるのはそこそこ知られておりますが、クリスマスも例外ではありません。むしろ「キリストの誕生日」よりも深いのかもしれません。

とりわけクリスマスの開催時期についてはドルイドの影響が大きいと言われています。世界各地で「冬至」を境として再び太陽が命を取り戻す、つまり日が長くなる(陰が終わり、陽が始まる)その時期に何らかの祭祀を執り行うことは珍しくありません。

その「冬至」の前後にドルイド達が行っていた祭りと、キリスト教文化が融合して、クリスマスという形になったといいます。

 

ドルイド

古代ケルト宗教であるドルイドの祭司を指す。ケルト社会の最上位を占める階級をなし、王にもまさる精神的権威を認められ、宗教と魔術に留まらず裁判や若者の教育、病気の治療などにあたった。ドルイドについては、カエサルの『ガリア戦記』に記述がある以外資料に乏しく、いまだ謎が多い。霊魂の不滅を信じ、占卜(せんぼく)により政治的・法的決定をなしたといわれる。また、神殿を持たず森において自然とともにあり、神、来世、天球の動き、未来などに通暁する賢者でもある。ドルイドとは「完全なる知識を有する人」の意味もある。しかし、この知識・知恵は種族の優れた若者に限って口伝えされ、その内容は皆目不明である。

 

 

自然崇拝的なドルイドの祭祀である以上、樹木が重要な役割を持っています。かつては、彼らの儀式では神木に生け贄として人間を吊るすなども行われていました。今日われわれも飾るクリスマスツリーにぶら下がっている人形というのは、そういう意味では相当に重みのある象徴と考えてもおかしくはないのです。