心の糧

先のブログに片山さんより有難いコメントを戴きましたので、
原文のままで転載させていただきました。

***********************

マイケル・ジャクソンのもう一つの良い言葉…
あなたにとって成功とは… に応えて、

自分が成功したと思える程度に、人々も成功したと思ってくれる事。時として自分では失敗と思っても、人からは大成功と褒められるがうれしくない。自分では大成功と思っても、人からは然程の評価が得れない時も、うれしくない…

と言った内容のものでした〜。

後、ハープ奏者の第一人者、雨田先生が貴方からもミンナに是非伝えて下さいって言われてた、「歌やダンス」には力があるって話…。
彼によると、人間は、人らしきものになって、600万年!?と経つそうですが、実に人間が言葉らしきものを持ったのは、3-5万年前の事で、それまでは、歌ったり、踊ったりして、コミュニケーションしてたらしい。もしくは言葉らしきものは、当初は歌のような抑揚がついていたとも考えられている。歌と言うよりは、ターザンの雄叫びのようなものであったでしょう。うれしい時は、「ホッホッホッ」と言いながら、足を鳴らし、木を鳴らして、踊ったはず…。だから、言葉ってもどかしいもんなんだよ。人の存在時間のわりには、言葉はかなり後半に出てくる。それ以前は、ずっと、抑揚のある声をだし、踊っていたはず。だから歌やダンスには、言葉にならない、そのもどかしい感情を言い表す力がある。言わば、心の栄養なんだよ〜って。ボクは、現代人が、もっと良い音楽を聞いて、自分でも演奏して、歌って、踊れば、訳の分からない殺人やイジメはなくなると信じている…って、熱心に教えてくれました。
************************************
  
混沌とする現代社会においては個性は時として不必要。あるいは誰かが作った「商品」であり、またマスコミのあてがいぶちに過ぎません。その中で、自己の表明活動として「表現」するからこそ、そしてその表現が他者によって「承認」されるからこそ、「今、そこにいる自分」を明確にできるのかもしれませんね。
   
   
  

1973年、中国青海省大通県出土の「原始舞踊紋 彩陶盆
推定年代は5000年前。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です