文字通りの「乱痴気騒ぎ」

ハロウィン・・・。

古代ケルト人、ドルイド信仰の祭祀に由来を持つ「ハロウィン」。宗教的な祝祭と儀式。キリスト教とはいっさい無関係なものをカトリックがその異教徒を改宗させる目的で祝祭としてしまった。

今では経済主義とマスコミが「イベント」と化し、行き着く果ては「人心の荒野」でしかないことを示してしまっている。

いや、ある意味において原点回帰かもしれない。本来的にこの祝祭と儀式は「魔」の領域であり、残酷なモノである。仮装は儀式に伴って現れる悪霊や魔物から身を守るため、つまり同化して見過ごしてもらうためのものであるから。

仮装をする人は、本来自分が持っている自己認識を薄めるか、あるいは喪失することになる。確かに、ハロウイーンで悪魔やゾンビなどの仮装をして歩く人たちを見ていると、その指摘がそう間違いではないと思わされる。

・・・が、その実、もっとも悪辣な人外と化すのは何の仮装もしていない「一般人」である。

仮装をする以上は「参加」している意識がある。自分の意志で。

仮装もしていない、あるいはお茶を濁す程度である者はその参加の意識は薄く、主体性の無さから場の雰囲気によって流されやすい。雰囲気次第によっては即座に暴徒と化す。

アングラ系のクラブイベントでも時代を経てドレスコードが緩くなり、「一般人」が入るにつれて面白みが無くなっていった。彼らはどこかで「傍観者」であろうとし、関係のない別世界の人間を気取ろうとする。(クラブイベントの趣旨に沿って参加している)我らに対するリスペクトなどない。

意馬心猿。

仏語。馬が奔走し猿が騒ぎたてるのを止めがたいように、煩悩・妄念などが起こって心が乱れ、抑えがたいこと。

 

渋谷をはじめとした各地の繁華街は「百鬼夜行」のごとく、人の形をした「物の怪」どもが溢れており、ここまで白日の下に晒されることはいっそ心地よい。でも、ハロウィンイベントはもうたくさんだ。

 

あるいは、1人では何もできない田舎者たちの寄り集まった結果ともいえる。「仮装」することもできないのだからな。

 

**********************

低級な頭脳の人間は、手当たり次第に何でもかんでも取り上げて、乱痴気騒をしては、その場を凌ごうとする。

 

愚鈍な人間は、ひとりになると社交よ、芝居よ、遠足よ、娯楽よと、ひっきりなしに目先が変わっても、死ぬほど辛い退屈は、凌ぎがつかない。

 

ショーペンハウアー(1788~1860 ドイツの哲学者)

************************

 

 

さて、今日は「おついたち」でしたが、ひさびさに「月次祭」にも参列しました。晴れやかな天気の中での昇殿参拝(神恩祈祷)でした。神職さんとベラベラ長話をして次の予約の人を待たせてしまったのは実に申し訳なかったです。

氏神様を後にして、お寺に月初めの参拝。帰宅してからは軽く部屋の片づけをして、「お昼寝タイム」。何も考えずに寝る、ただそれだけが至福(笑)。

 

〇今月の奉納酒。
「わかむすめ 月草」 新谷酒造@山口

今回は自宅神棚用にも同じもの(700ml)を買いました。まだ飲んでませんけど。

 

日本酒こそ米と水の精髄。神気も宿ると言うものです。
ただ、最近のストロング系の流れに乗って、ストロング系の日本酒も発売されるようです。

実にバカバカしぃ・・・・。

経済中心主義は、ここまで知能というか文化レベルを劣化させるのですね。

 

メールを使ったことがニュースになる、ということ

 

経団連会館の23階にある会長執務室。中西が部屋の主になった5月、卓上に初めて
パソコンが備えられた。中西は事務局の役員やその部下らに、メールで施策の進展状況などを問う。

部屋でパソコンを操る財界総理はいなかった。メールを受け取った職員の一人は言う。「最初は本当に驚いた。これが中西さん流だ。主に紙でやり取りしてきた職員の働き方も変えようとしている」

 

ツイッターより引用させてもらいました。

 

単に部屋にパソコンがなかっただけ、という説もありますが、この話が「セキュリティの観点」で賞賛されるんじゃなく、「これだから経団連は・・・・」と嘆かれるあたり、普段の行いって大事だということですね。

あるいは(経団連には)異常なレベルでの「太鼓持ち」しかいないのではないか・・・と。オソロシイほどの同質集団ですな。

 

多様性は便利な言葉

10/20は秋の土用入り。土用は季節と季節の間(はざま)の過渡期の事。もうしばらくすると秋が終わって冬になります。

 

ここ数年で「多様性」という大変便利な言葉が表立って使われてきております。もっとも、私なんぞは「多様性」とやらの恩恵にあずかったことなど一回もございません。
人がやらない趣味、集めないモノ、他人より斜め上の思考、いつでも少数派・・・・を自ら選択してきたから後悔は1ミリもないんですけどねッ。

 

トランプ氏、トランスジェンダー排除へ

米でトランスジェンダーを排除へ

 【ワシントン共同】米トランプ政権が性の定義を生まれつきの性別に限定することを検討中だと米紙が21日、報じた。心と体の性が異なるトランスジェンダーの存在を行政上認めなくする措置で、性的少数者(LGBT)の権利を保護する世界の潮流に逆行する。

http://news.livedoor.com/article/detail/15479143/

 

「世界の潮流に逆行する」なんて決めつけていますが?
皆、表立っては言わないけど腹の中では思っていたことだと思いますよ。

トランプ大統領の支持層はキリスト教カトリック福音派だそうで、とても厳格で知られているようです。

それはともかくとして、世間の声のデカい「少数派」を認めて、その主義主張を鵜呑みにして反論を許さない!と言う「弾圧」を終わらせるための布石ではないかと思います。アメリカの弱者ビジネスは日本のそれよりも深刻だそうで、そういう点では受け入れられるのではないかと。

「権利を!権利を!」で国は大変疲弊します。もちろん一般の国民だってそう。ヨーロッパなんてそれで崩壊寸前です。

 

トランプ大統領の判断は普通の国民を大事にしていると思います。ただその方針を今の狂った「社会」が許さない上に人権利権商売の力がむちゃくちゃ強い。
人権団体は寛容さに見せかけた超「利益集団」です。マイノリティーだからって一般人を上回る権力を手に入れてしまって良いわけじゃないのです。

日本も他人事ではなくて、「被害者」「少数派」「可哀想な人たち」なおかげで疲弊感が溜まってきていると思います。

 

低気圧 「われわれは空気の底にいる」

先月末と今月末で二度の台風に見舞われました。

「備えあれば憂いなし」ということもありますし、やはり何かしらの「想定」をして心掛けることは大事ですね。備えがあればあるほど、何も起きにくい感じもあります。

意識していない時、事柄、それが一番怖いですね。

さて、台風と云えば「低気圧」ですが、低気圧というのは何かご存知でしょうか。

普段の生活には関係がない、ということで気にしない人が大半でしょう。低気圧が来ると天気が悪くなるという人生経験くらいのものだと思います。

 

低気圧とは?

 

「気圧」とは空気の重さのことです。意識することはあまりありませんが,私たちがいる地表には空気が乗っていて,その重さは1cm2当たり1kgにもなっています。

ストローでジュースを飲むことができるのは,気圧のおかげです。
コップのジュースの表面に空気が乗っている状態でストローの中の空気だけを吸って減らすので,ジュースがストローの中に上がってくるわけです。

台風や強い低気圧の場合も,ストローの場合と同じで,中心付近は周囲より気圧が低い(=空気が少ない)ため,海水が盛り上がるわけです。
ストローと比較するほどではないだろうと思うかもしれませんが,気圧低下による海面上昇は,1hPaの気圧低下で1cmといわれています。
平均的な気圧は1013hPaですから,例えば950hPaの台風の場合は海面が63cm上昇することになります。

このような効果を「吸い上げ」といいます。

進研ゼミ高校講座より抜粋

https://kou.benesse.co.jp/nigate/science/a13g08bb01.html

 

そこまで難しい話ではなく、「高校レベル」なんですね。

ただ、知ったところでどうすることもできないのですが・・・・・・。相手は「空気」であり、地球を取り巻く大気でもあり、生命活動に必須であり、もっとも身近にありながらそれゆえに逃げも隠れも出来ない、そういうものなのです。

海面が上昇するくらいの影響力であれば当然、人体にも影響を及ぼします。内耳の前庭(三半規管の根元)に”気圧センサー”があり、気圧が低くなると自律神経にストレス反応が起きて交感神経が優位になる、そうです。

交感神経が優位になると緊張状態になりますが、それは低気圧=悪天候、環境の変化に対する人体の反応なので、無理からぬこと。低気圧の状態だと程度の差こそあれ「体調不良」になってしまうのは、生物としての正しい反応かもしれませんね。

じっとして様子を伺いつつ、何かあったらサッと逃げる。

そんな感じですかね(笑)。

 

自然災害時の危機管理として基本であるのが「不要不急の外出は控える事」につきます。

中の人などいないッッ・・・って、何度言ったら

中の人などいません。いないのです。

 

「見て見ぬふり」という予定調和を解っていない人、その機微が分からん人が、まだまだいるのです。

 

 

 

本日一般の方から連絡をいただき、あるFBの投稿を拝見しました。
この方は町議会議員のようです。(実際の写真にはモザイクはありません)
また、コメントにも他町議員の方がいらっしゃるようです。
SNSでの肖像権の配慮についてご存じであろう方々のこのような行動に大変ショックをうけています。 pic.twitter.com/UB3AJ7dYgC

天尊降臨ヒムカイザー公式より引用
件のFBより引用 その1
件のFBより引用 その2
しかもこれは宮崎県の地元の議員。地元議員はご当地ヒーローを支援しなければならない立場であるのに、 貶めてどうするつもりなのだろうか?
晒した挙句に笑いものとはどういう魂胆なのか?
ユーモアを持ち合わせていないのなら、それはそれで仕方ないでしょう。
ただ、仮にも仕事場の撮影であり、それなりの立場の人間ならば、それをネット掲載するにあたり「掲載してもよろしいですか?」の一言くらいあってしかるべき。無許可で写真と動画を上げた無思慮っぷりは議員としてはいかがなものか?
 若者がアイスケースに入ってバカをさらす時代が終わったと思ったのに、議員さんはSNSの重要性を解っていない人がまだまだいるという事ですね。
60代の女性議員の方ですが、老害まっしぐらを地で行くという。

フリーウェイの近所のお寺 その2 

先のブログでも書きましたが、たまたま休みが重なったので「和光寺」の特別拝観に行ってきました。

 

スタジオに通い始めて幾年月。前を通り過ぎるだけの存在だった寺でしたが、スタジオ前の「あみだ池筋」の名前の元にもなった寺でもあります。「わりとデカい寺」くらいのイメージしかありませんでした。そもそもスタジオでもどれほどの人間が興味を持っていたのか(笑)。なによりその「あみだ池」とやらを一度見たかったので良い機会でした。

和光寺 Wikipediaより。

和光寺(わこうじ)は、大阪府大阪市西区北堀江にある浄土宗仏教寺院。尼僧住職をつとめる。山号は蓮池山。院号は智善院。摂津国八十八箇所第3番札所。

あみだ池(あみだいけ)の通称で知られ、大阪市の南北幹線道路のひとつであるあみだ池筋の名称は当寺院に由来する

「土用明け」の6日に拝観に行きました。遅まきながらの「おついたち参り」を終えてからです。

いつも通り過ぎているだけで、初めて入るところなのでちょっと緊張します。張り紙がポツポツとあるだけなので迷いましたが、本堂の方に人が集まっていたのでそれに従って入堂。本堂にはすでに30人くらいの人が座っており、皆、学芸員の説明を聞いていました。

冷房は入っていたようですが、何しろ暑い。学芸員の説明なんて頭に入ってこないです。早く仏像を間近で見たいだけなのに・・・・・と不満たらたらでした(苦笑)。

市の文化財としての公開なのでこういう説明は必要なんでしょうね。

まー、喋る喋るこの学芸員さんは。

 

どうにかこうにか説明も終わり、やっと見学。といってもとりあえず「観る」だけで、何が解るわけでもありません。あくまでも学術資料としての拝観でありますので特に祈るとか願うとかありません。それはまた別の機会ですね。

あ、誰だ・・・仏像の前に10円玉を置いた人がいる。

私は正直、この手の「小銭置き」は「賤しさ」や「さもしさ」を感じてしまいます。ここに限ったことでもなく、あちこちの神社仏閣で「小銭置き」は絶えません。賽銭のつもりなのかもしれませんが賽銭だったら賽銭箱があります。「お気持ち」にしては5円や10円です。これはどういう心境なのか?と思う事もあります。おそらくは「欲心」がそうさせるのでしょう。

由緒ある仏像もなかなか立派でしたが本堂もなかなかのもので。もちろん建築は現代のものですが、お寺としてきちんと門徒が集まって継続・機能しているのだなぁと思いました。

本堂を出て「あみだ池」に向かいました。がっちり石とコンクリで固められたお堀みたいな感じでの池でした。25mプールほどの広さはありませんが、第一スタジオよりは大きく感じます。誰が入れたのか、けっこう大きいアカミミガメやスッポンがいました。池としてのお手入れはしっかりされておりましたが、維持が大変だと思います。

上から見た「あみだ池」。大阪市のサイトより拝借。
この左後方がいつも使っているパーキング。

 

しばらく境内を回ったり、1600年代からあるという手水鉢を見たり、そのあとに御朱印をいただきました。「観光寺」でないところはこういう機会でないと頂戴できませんからね。

それにしても暑かったです。この前日、東京の上神明天祖神社というところでは限定御朱印をもらうために6時間待ちは当たり前だったとか。よく待てるものです。これもまた欲心なんでせうか?

 

火曜の「BASIC JAZZ」の帰り、ドヤ顔で「近所の和光寺って知ってます? 入ったことありますか?」と話したら、「ああ、入ったことあるで~」と片山さんがあっさりと。

流石です・・・。

 

江戸時代、和光寺を中心に相撲場(大坂相撲)や人形の芝居小屋などが集まり、文楽や茶屋の営業も幕府が許可したことにより「堀江遊郭」が出来ました。大坂で一番の品位と芸だったといいます。

 

フリーウェイの近所のお寺

フリーウェイダンススタジオに通う会員で果たしてどれだけの人が知っているのだろうか? スタジオのすぐ近所にあるお寺「和光寺」を・・・。

まー、どうでもイイ情報なんですけどね。

「この世で一番どうでもイイ情報を聞いてしまった」的な顔をされるのが怖くてスタジオでは先生にも知人にも語ってはおりません(笑)。

 

スタジオ通いでコインパーキングを利用している人なら道すがら通りがかるので「なんかお寺っぽい建物」くらいの認識はあるかと思います。

スタジオの前の道路が「あみだ池筋」。その名前の元になった「あみだ池」があるのがその「和光寺」。スタジオから歩いて1分。

 

というわけで、興味のある人は是非この機会に訪れてみてはいかがでしょうか。
って、さすがにおらんでしょうけど・・・・・・・。

 

 

私としては秘仏を見てみたいのもあるのですが、「ホントにあみだ池があるのかな?」という気持ちの方が強いので(笑)。でも、土曜日に休暇希望してしまったし、シフトの関係で休みは取りにくいな・・・。

 

http://www.city.osaka.lg.jp/kyoiku/page/0000441860.html

特別公開の会場・期間について
【公開会場】 西区北堀江3-7-27 宗教法人 和光寺

         OsakaMetro千日前線・長堀鶴見緑地線 西長堀駅5番出口から東に徒歩5分 

        会場への地図(リンク)

 注 会場の関係上、スロープ等はなく、階段等による昇降のみとなります。

【公開期間】2018年8月5日(日曜日) ~8月7日(火曜日)

【開場時間】午後1時~ 午後4時(入場は3時30分まで)

 注 事前の申し込み等は不要です。ただし、観覧者の人数によって、入場をお待ちいただく場合がございます。



【観覧料】資料代1 0 0 円 ※ 学生は無料(大学生・専門学校生含む)

【主催】大阪市教育委員会、大阪密教美術保存会

【共催】朝日新聞社

【問い合わせ先】大阪市教育委員会文化財保護課

  電話:06-6208-9168  ファックス:06-6201-5759 

リスクの軽視と想像力不足

暑い暑いとは申しますが、20日は「夏の土用入り」。「土用」は季節と季節の過渡期ということで、真夏はもう終わろうとしています。8月の頭に土用を抜けたらもう季節は秋ですからね。

本日は住吉大社へ参拝してきました。摂津国の一ノ宮であり、地域的に私の氏神さんの一つ上の神社になるわけです。昇殿・祈祷はしない簡略参拝で、じっくりと境内を巡ってきました。

住吉大社は伊勢神宮や春日大社と並び、伝統的な神楽を継承されていることで有名で、ここでは巫女さんを「神楽女(かぐらめ)」と呼びます。授与所であっても、鏡や松、白鷺をあしらった神籬(ひもろぎ:神霊が降りるところ)的な飾りを頭に付けています。

 

さて。

語弊はあるかと思います。でも、天災の被害を人災だとして恨む対象を作る人間の弱さ・・・を実感します。私も逆の立場だったらそうなる可能性だって否定できませんけど。

リスクを想像できない、軽視するのが人間。そして何か起こったら他者に責任を擦り付けるのも人間。自己責任の果てでの「人災」かもしれません。

昔、中洲に取り残されてたバカな間抜け連中がいましたよね。
警察や消防や地元の方々が何度も繰り返し「危ないから避難しろ」って注意したのに、逆に罵声浴びせて追い返した挙句、一夜明かして被害に遭いました。

「玄倉川水難事故」です

それとは少々異なりますが、

 

仮に「沈みます」と言ったところで「どのくらい沈むか言って欲しかった」とか言いそうです。具体的にどのくらい沈むか伝えたところで「数字で言われても理解できない」「分かりやすく『逃げろ』と言ってくれれば」というループを繰り返す可能性が高いと思います。

安全が確保された後での後知恵みたいなものだから言えることでもあります。

「聞いてなかった」「教えてもらってない」「見てない・知らない・悪くない」のないない尽くし。自分の無知を恥じることもなく、責任転嫁能力がどれほど高まったところで危機回避能力は低下する一方です。
まして自然、天災相手にはほぼ無意味。

緊急時は、状況を説明する言葉では主語やらの認識にズレや時間を要するため、
取るべき行動の言葉そのもの(この場合はまさに「逃げろ」)を呼びかけるのがセオリーです。

 

早めに避難させて何も起きなければ文句を言うだろうし、強制力を持って避難させたら行政の横暴!とか言うだろうし、本当にキリがありません。

色んな人間相手の行政の大変さがよく分かります・・・・・・。

 

時代の過渡期か?

玉旭酒造@富山 「夏のどろどろ濁り酒」
画像は拝借しました。

今年から「おばけの旭ちゃん(あっちゃん)」にラベルが変わりました、だと。玉旭酒造め、萌えに走りおるとは(笑)。
こちらは自宅の神棚用のお酒ですが、完全に「ラベル買い」です。おまけに本醸造の「アル添(アルコール添加)」とはいえ、玉旭酒造なので信頼性は高いと思います。まだ飲んでません。オンザロックやソーダ割りにするとさらに飲みやすくなるとのこと。

ということで本日、遅めの「おついたち参り」を済ませてきました。下半期の始まりです。
境内では近づいてきた夏祭りに向けてたくさんの人が太鼓や踊りの練習しています。拝殿から眺めていると、練習の時間や場所のことで別のグループ同士がちょっともめているようです。若いエネルギーのぶつかり合いですねぇ。

朝からお供え用のお酒を買いに行っておりましたが、帰宅すると妙に気分が優れないのです。吐き気があるような、腹痛のような。まさかの「食中毒?」と不安をよぎらせておりました。このままでは午後からの参拝に行けない・・・。
昨日の夜、食後の居眠りからそのまま布団へもぐりこんだ変な寝方。ちょっとだけ多かったお酒。朝はコーヒーとパンのみ。買い物は自転車だったので汗をかく。

軽い脱水による熱中症初期と思い、塩水を飲んで横になっていたら回復しました。

変な寝方→睡眠不足。
お酒→水分が失われる。
コーヒー→水分の摂取にならない。お酒と同じでむしろ水分を失う。
発汗→文字通り。

無事に参拝も終わりましたが、まさに油断大敵ですね。

神職さんとのお話の中で「当たり前が当たり前でなくなる」ようなことをおっしゃってましたが、その通りだと思います。だからこその感謝なのでしょう。

 

権謀術数渦巻く世界情勢の中、6月の終わりから7月の初頭にかけてまさかと思うようなところで大きな地震があり、甚大な風水害が発生し、そして、かつて世を騒がせた者たちの刑が執行されました。

来年、元号が変わります。平成が終わります。ひとつの時代が終わろうとしている、あるいは移り変わる時期なのかもしれません。今までの日本の異常過ぎる「平和」は戻ってこない可能性だって高いのです。そういう意味では、平成の最後は「予行演習」かもしれませんね。

基本は油断をしない事、です。そんなに大変なことではありません。曲がり角の向こうから人が来るかもしれない、その程度の想定から始めて十分だと思います。
スマホを見ながらイヤホンで音楽を聴き、「相手がよけてくれるだろう」という勝手な思い込み。それが結果として事故、事件、裁判になる可能性だってあるのですから。

ダンスをしていて幸いだったことは怪我を懸念する意識を持てたことです。怪我をしてしまっては踊ることが大変になってしまう。そして中尉するのはフロアの上だけじゃない。日常生活においてはそれ以上です。つまらぬことで転んだり、ぶつかったり、巻き込まれたり・・・「相手が避けてくれる」「私だけは大丈夫」などという甘い期待を持たない事を心掛けています。

 

夏越の大祓

少し早いですが、氏神さんで「夏越の大祓」を済ませて参りました。

画像は「八坂神社」の茅の輪です。

 

1年の前半の最終日にあたる6月30日に行われる行事で年末の「師走の大祓」と同様に罪や穢れを祓う神事です。大祓えを現在の六月・十二月の晦日(月末日)ではなく、旧暦、または独自に7月や8月などに行なっている神社もあります。

「形代ながし(かたしろ–)」「茅の輪くぐり」などが有名ですね。

氏神さんは特に「夏越の大祓」をやっていないのでいつもの神恩感謝の祈祷の中でやってもらえることになりました。私としては後厄の年で半年を無事に過ごせた感謝を奉げる意味や後半のスタートを心掛ける意味もあります。また、先の地震においても、家も家族も無事であり、職場も被害が奇跡的にマシだった感謝を込めて玉串料はけっこう弾んでしまいました(苦笑)。

 

風が強い日でしたが、神職さんに「これこそ、祝詞にもある”朝風夕風の吹き払ふ事の如く”というやつですかね」というと苦笑しておられましたが、「禊の雨」に対して「祓いの風」ということでしょう、と。

いつもの神恩感謝の祈祷の合間に「大祓詞」奏上を挟む形になりますが、もちろん私も神職さんと同じように読み上げることになります。「高天原に神留坐す(たかまのはらにかむづまります)・・・」から始まるアレです。

真似て読み上げるものの、とても息が続きません。当たり前ですが神職さんのようにはいきませんね。

毎回同じことの繰り返しではありますが、節目々々を実感できる「おついたち参り(としての神恩感謝奉納)」をしてから時間の感じ方が変わってきたように思います。

来年の2月には後厄も終わり、4月には皇太子殿下が即位されます。それにあたり「皇室弥栄(こうしついやさか)」の祈祷をお願いする予定になっております。

いや~、一度やってみたいんですよね。